出産後に必要なベビー用品を揃えよう!我が子の笑顔を守り抜く

赤ちゃん

新米ママは要リサーチ

幼児

どれにしようか悩みがちなベビーグッズは、移動手段などの生活スタイルに合わせて選ぶと迷うことが少なくなります。特にベビーカーやベッドはタイプも多いですが、レンタルやお下がりをいただくことが可能な点も視野に入れておくと良いでしょう。

Read More...

出産準備品

出産準備に必要なもの

ベイビー

ベビー用品はたくさんあります。出産前にベビー用品をあれこれ揃えるよりは、状況を見ながら、買い足していく方が無駄がありません。まずはライフスタイルを確認し、ベビー布団にするか、ベビーベットにするか決めます。大人用の布団にママと一緒に寝ると、大きな布団で赤ちゃんを覆ってしまうことがあるので避けます。ベビー服、ベビー肌着は洗い替えも考慮して、10枚程度用意します。バスグッズはベビーバスは空気で膨らませるタイプが扱いやすいです。目にしみない泡タイプのベビーシャンプーを用意します。おむつはサイズがありますので、あまり大量に用意しないようにします。粉ミルクやほ乳びんは1つ用意し、あとは母乳の出方によって買い足します。

ケア用品を忘れずに

ベビー用品で忘れやすいのがケア用品です。赤ちゃんはとても爪が伸びるのが早いです。大人用の爪切りでは肌まで切ってしまうので、必ずベビー用のハサミ型の爪切りを用意します。また、耳で測る体温計を用意して、普段から平熱を測っておくと、体調を崩した時、受診の目安になります。大人用の脇で測る体温計では、じっとしていられない赤ちゃんの体温を測るのが難しいです。スタイやおしゃぶりは全く使わない赤ちゃんもいます。様子を見ながら購入しても、間に合います。ベビー用品はライフスタイルによって使うものと使わないものがあります。車で移動する家ならチャイルドシートは必須ですが、車のない家には不要だからです。チャイルドラックも同様です。部屋の広さや使い方によって異なるからです。我が子の笑顔を守り抜く最善策を考えましょう。

いつでも購入可能です

親子

赤ちゃん用品は通販ですべてが揃う様になってきました。このため、産後間もない時や風邪のシーズンなどもいつでも自宅で購入することができるのです。乳児を連れての買い物はとても負担になるものですが、通販を利用すれば大幅にその負担を軽減することができます。

Read More...

ゆっくり買い物が出来る

赤ちゃん

赤ちゃん用品などの子供グッズを通販で買うと、実際に手に取ることが出来なかったり、送料の問題がありますが、これらはネットのレビューを見たり、お買いものの合計金額による送料が無料になるサービスもあるので、これらによりクリアすることが出来ます。通販だと自分のタイミングで色々な種類のお買いものが出来ます。

Read More...